パリで豚足といえば!   

2018年 07月 17日

d0362997_03572261.jpg
暑さが去ったと思ったらまた再来。
気が付いたら14 JUILLETも終わり、ワールドカップの狂乱の中。
あっちゅう間に7月も半ば・・・。
1週間に1回は更新を目指しつつ、うまくいかないなぁ。
アクティブに動いてはいるのですが、指がついていかない(笑)

食べるものはあいかわらずしっかりしていて(笑)
このお皿でピンと来る人はパリ通です。
Au Pied de Cochon♪
一部でパリで行ってはいけないお店・・・と言われているらしい(笑)
お仕事仲間と行って参りました。

d0362997_04005327.jpg
店内こんな感じ。
こちら、フランスではめずらしい、24時間365日営業。
夜遅くに皆でワイワイできるのは、なかなかうれしい。
クラッシックな佇まいで古き良きフランスな感じです。
ガイドブックに掲載されているので、観光客向けのお店と思われがちですが、けっこう地元民率高いですよ。
しかし夜中に皆さまがっつり肉料理。
ここだけでなく、フランスの方々はディナーの予約を普通に21時とかにされます。
まぁ、レストランの夜営業が19時から23時と考えて、お客様が二巡する・・・と考えると全然妥当なんだけど。
もちろん21時にいきなりメインを食べるワケはなく。
シンプルに食前酒→前菜→メイン→デザート(高級店では前菜の前にアミューズがあったり、前菜もメインも1種類と限らず)といくと、メインは22時ぐらい・・・にがっつり肉を食べておられます。
やっぱり狩猟民族ですな。
d0362997_04130247.jpg
この日は自腹ではなかったので豪勢に牡蠣もいただきました。
この盛り!テンションあがる。

d0362997_04155709.jpg
カルパチョもドーン。
フリットはもっとサクサクが好みですが。
と言いながらほぼ独占。
深夜のポテトフライってなんでおいしいんだろう。
カルパッチョも普通にいけます。
翌日誰もお腹を壊さなかったので大丈夫かと。
d0362997_04184508.jpg
au pied de cochon、日本語に訳すと豚足。
こちらのスペシャルテは豚足なのです。
実は何年か前にこちらに食べに来た際にいただいたのですが・・・・沖縄のおばぁが怒りそうなくらい下処理ができてない代物が出てまいりまして。
それ以来レストラン選択に敬遠していたのですが、何年ぶりかに食べるとおいしく。
あれは何かの間違いだったのか?
写真撮るのを忘れ・・・・。
画像は豚さんの、耳と尻尾と鼻、豚足をカツ上にしたものに、Béarnaiseソースをかけたもの。
これもしっかり煮込んであって、ソースもおいしく。
やっぱり前回のは間違い??
おいしくいただきました。

d0362997_04494742.jpg
〆のゼザート。
皆に生ハム??
と笑われながら・・・これフレジェ。
味は見た目通りでノーコメント。
皆がたべてた、グラスにアイスやシャンティー(生クリーム)が盛ってあったのはおいしそうだったので・・・皆様はぜひそちらを(笑)

ガイドブックではオニオングラタンスープがお勧めとして掲載されているのを見かけますね。
ワタシ、ちょこっと味見させてもらった経験しかないのですが、濃厚であれだけで食事になるのでは??と。
いつか冬にトライしたいところです。
いきたいお店がたくさんありすぎで、いつになるから謎!

ここ、牡蠣、魚介の盛り合わせ、お魚料理に肉料理、サラダ・・・となんでもあるので。
お店の雰囲気も悪くないし。
もちろんおいしいお店は他にもたくさんあるけれども!
例えば日曜とか月曜・・・おいしいと評判のお店はほとんど閉まってるけと、それなりにフランスっぽいものが食べたい!
なんて時にはいいんじゃない?と個人的には思う次第です。

14日、15日と連続で夜が賑やかで(騒がしい人の多い地域でして)、せっかくの三連休が昼夜逆転気味じゃないか!
なパリにて。
いい加減食べ物以外の話題をと思いつつ、たぶん次はスィーツ(笑)
Bonne Nuit!


Au Pied de Cochon
6, rue Coquillière

75001

Paris


https://www.pieddecochon.com/







[PR]

by 0114iku | 2018-07-17 10:52 | グルメ | Comments(8)

Commented by liligohan at 2018-07-17 13:21
そうそう、京都でも観光客向けと思われているお店
例えばうどんの銀閣寺おめんなんかも
意外と地元民率高いのですよね〜。
で、何回かに一回、なんぢゃこりゃ!って
ミョーな代物が出て来たりするw
人手が足りなくてヘルプが多い日だったとか?

生きて再びパリに行ける気がしない今日この頃なので
すきっぷikuさんのパリレポ楽しみにしてます。
Commented by 0114iku at 2018-07-18 07:15
> liligohanさん
おめん♪
食べたくなります~。
HPを見たら、先斗町店には鱧天が♪♪
京都は鱧の季節ですね~。
あと、祇園祭りの季節になると鯖寿司が恋しくなります。
いづうも、ネットでみたら評価がまちまちですものね。
やっぱりタイミングなんでしょうか。
あぁ食べたい!!

生きて再びパリに行ける気がしない。そんなことおっしゃらず、ぜひいらしてください!!
Commented by 高兄 at 2018-07-21 08:06 x
ikuさま、こんにちは

初めまして

京都に住む、高兄と云います

御blogは、昨年末あたりから

こっそり、拝見させて頂いてました^^

文章、御写真

とても、愉しみにしています、更新があると嬉しいです

ジャック・ジュナン氏の事、調べていて

御blogに辿り着いたのが、最初です(ほんと、京都出店待ってるんですがねぇ)

parisは、フランスWC優勝という快挙で

本当に、熱い夏になりましたね^^

まだ、これから暑い時期の続くparis

御身体、御自愛くださいませ
Commented by 0114iku at 2018-08-03 22:50
> 高兄さま
初めまして!
コメントありがとうございます。 

京都にお住まいなのですね♪
京都は大学時代3年間を過ごし、その後も何かとご縁のある土地です。
祇園祭の喧騒も懐かしく。

ジュナンさん、海外出店というよりも、ご自分のアトリエから移動何分以上はダメ!
ぐらいな勢いの方なので(5〇1みたい・・・・)なかなか手に入りにくいですよね。
ワタシは出町フタバの大福が食べたいですが、これも当分手にはいらないのと同じく・・・と、いつの間にやら食い意地ブログになってきています(笑)

高兄様のブログ、拝見させていただきました。
素敵なお写真、こちらはお恥ずかしい限りです。

今年のパリは例年にない暑さで、ワールドカップといい・・・あまりの熱気にパソコンの前に座れず、のんびりの更新でネタばかりがたまっています。

京都もまだまだ厳しい暑さが続きますので、お身体、ご自愛くださいませ。
Commented by purikitirox at 2018-08-11 20:27
初めまして!
フランス好きのNoemiと申します。
Pied de Cochoには、数年前にいきましたが、あまりの量にくらくらしました~。確かに美味しかったのですが。
また、遊びに伺わせてくださいね!パリのお話、楽しみです。

Commented by 0114iku at 2018-08-13 06:26
> purikitirox様

初めまして!
コメントありがとうございます。
Au Pied de Cochon、確かにボリューミーですよね!!!
メインは過去二回ともワケ分けしましたよ。

こちらこそpurikitirox様にブログにもお邪魔させていただきます。
アンダルシア旅行のお話はコメントしたくてウズウズしてます♪
Commented by purikitirox at 2018-08-14 22:52
ピエ・ド・コションの最後のNが消えてて、冠詞がなくて笑
お恥ずかしいです。
昨年、パリへの一人旅で日本人経営のフレンチのレストランに行きました。
確かH Kichen(スペル大丈夫かしら?)。
美味しかったです!

これからも記事を楽しみにしています。
Commented by 0114iku at 2018-08-15 07:22
> purikitirox様
 フランスに住んで7年目ですが、未だにスペル間違いが絶えません。
 発音したらrは聞き取ってもらえないし。
 H-kitchen、気になりながら、自宅からアウェイなエリアで行けてないんです~。
 評判が良いですよね♪行ってみたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ATMにカルトブルーが食べられた! お花cafe にて >>